和ものエトセトラ HOME

      下駄

古くから親しまれてきた下駄・・・改めて眺めてみると、げたってとっても不思議な形をしていると思いませんか?

でも、これが、湿気の多い日本では、蒸れない通気性バツグンの履き物なんです。

それに鼻緒で、しっかり足を固定し、その上、脱いだり履いたりしやすい。

さらに下にある二本の歯のおかげで、底がすりへりにくく、砂地なども歩きやすいのです。

また、いたみやすい鼻緒も簡単にすげ替えられるように出来ています。

そして、足を締め付けられないので、外反母趾になる心配もない。こんないいものを履かない手はないですよね !

さて、その歴史は・・というと、かなり昔にさかのぼります。

歴史の教科書で、「田下駄」って、載っていたのを覚えている方もいらっしゃるのでは?

そう、古代の遺物によって、かなり古くから「下駄」が日本に存在していたことがわかっています。

弥生文化期に属する登呂や山木の遺跡からは多数の田下駄が発掘され、

古墳文化期の畿内や関東の古墳墓からは石製模造の遺品が幾例も発見されています。

また、奈良時代の下駄としては、奈良市の平城京跡から厚歯をくりぬいた連歯の下駄が二個出土しており、

平安から鎌倉時代に入ると遺物はその数を増し、また下駄に関する文献も備わり、ことに絵巻物には下駄を愛用する人物像がしばしば描かれています。

牛若丸が五条の橋の上でひらり、ひらりと欄干を飛び移りながら、弁慶と戦った話しは有名ですが、このとき履いていたのが、一本歯の高下駄。

このなんとも安定の悪そうな一本歯。これには特別な用途がありました。

高歯という背の高い歯を一本だけさしているこの下駄は、実は山を登るために考案されたものだったのです。

山道では不安定どころか、すべりにくく、安定性は抜群だったようです。

比叡山の僧侶たちもこの下駄で山を登り下りしておりましたし、山伏などの修験者たちは、みんなこの下駄を履いていました。

鞍馬山で修行していた牛若丸も、もちろんこの一本歯の下駄を履いていたというわけです。

ただ、平安末期に下駄を履いていたのは僧侶ぐらいで、一般庶民のほとんどは草履でした。

二本歯がはやりだしたのは、江戸時代の中頃からです。生産技術が向上し、下駄屋が出現してから、庶民も下駄を履くようになりました。

江戸時代には200種類以上の下駄が考案されたというのですから、いかに庶民の間で愛用されていたかわかるというものです。

そして、天下泰平とともに朱塗り下駄などはでな塗り下駄が大流行したので1750年(寛延三)には男女塗り下駄の禁令がだされるにいたりました。

でも、げた流行の大勢はおさえることはできず台はキリ材の柾目・板目、黒・朱の漆塗り、イ(藺)、藤・タケの畳付き、ビロードの鼻緒など、

下駄の制作はますますぜいたくになりました。

さて、「下駄」は昔から「下駄」と呼ばれていたわけではないようです。

平安時代には「あしだ」と呼ばれ、次いで室町時代にはいると「ぼくり」、「げた」と呼ばれるようになったのは江戸時代になってからでした。

「あしだ」は足下または足板の音便で、「ぼくり」は木履の字音にもとづくもの、また「げた」も下踏の文字にもとづくという説がありますが、

これは「あしだ」の語に足駄の文字をあてたため、駄の字が履物の通用字となり、下に履くから下駄、茶席に履くから席駄と呼ぶようになったようです。

江戸時代に「げた」と言ったのはもっぱら京阪地方で、歯の高低にかかわらず、「げた」と呼んでいましたが、

江戸では差歯のたけの高いものを足駄(あしだ)とよび、低いものを「下駄」と言って区別していたようです。